福井の野鳥

探鳥日記ー今日、どこで、なにを

福井市波寄町/コウノトリ

2018年6月17日午前8時、福井市波寄町(菖蒲谷町、木下町との境),田植え
の終わった水田で、コウノトリ2羽が休息中(採食中?)。


農道を走っていると、前方の水田に、大型水鳥2羽が見える。スコープで確認すると、
腰から尾にかけて黒さが際立つ、コウノトリだ。2羽共に、足環がついている。


足環を確認したくて近寄ったため、飛ばしてしまう。北寄りの送電用鉄塔にとまる。


すぐ下で耕運機が動き、その周りを100羽以上のからすが地面をつついていて、うるさいだろうが、気にすることもなく、毛づくろい。


ハマナス公園からの帰り道、再度、立ち寄ると、1時間以上たっていたが、まだ、鉄塔にいたので、ビックリ。そのあと、からすに追われ、三国町横越方面に飛び去る。


*からす=ハシボソガラス



(追記  6月18日)


足環検索の便利なサイトが、ネット上にあったので、活用させてもらった。


(黒青/黒青)、(黒青/緑青)で検索すると、それぞれ、J0078(メス、2013.4生)、J0098(オス、2014.6生)と出力され、足環カタログと照合・確認した。